プランターボール (Planter Ball)

犬種・年齢を問わず、ボールで遊ぶことが好きな犬なら少し練習をすれば、犬と一緒に楽しめるNEWドッグスポーツ!!

ディビジョンⅠ(スタンダード)

プレーヤー(人間)1人と犬1頭がチームとなり、全長15m(小型犬) ※中・大型犬(全長23m)のコースに並べられた3つのハードルを飛び越し、更に前方にある5つのプランターの中に1つだけ隠されたボールを探し出し、先ほど飛び越したハードル3つを飛び越しプレーヤーの元に戻ってくるスピードとアキュラシー(正確さ)を競うタイムトライアルレース。

ディビジョンⅡ(ビギナー&シニア向け)

プレーヤー1人と犬1頭が1チームとなり、全長7.5m(小型犬) ※中・大型犬(全長12.5m)のコースに並べられた2つのハードルを飛び越し、更に前方にある3つのプランターの中に1つだけ隠された※ボールを探し出し、先ほど飛び越したハードル2つを飛び越しプレーヤーの元に戻ってくるタイムトライアルレース。 ※プランターに収まるものであれば、どんなボールでもよいものとする。


動画はこちらをご覧ください。

コース   コース配置図

道具など

  • ハードル×3 台 (高さ 10cm×幅 70cm) ・・・小型犬
  • ハ一ドル×3 台 (高さ 20cm×幅 70cm) ・・・中・大型犬
  • プランター (プラスチック製のフラワーポット 4 号)×5 つ
  • ボール (直径約 5 cm)  ×1 個・・・小型犬
  • ボール (直径約 6.5cm) ×1 個・・・中・大型犬
  • ハードルカバー  ※ハードルカバーの厚み1cm はハードルの高さに含まれないとする。

 ゲームの進行

  1. プレーヤー1 人と犬 1 頭が、スタートラインに立ち、メインジャッジから※ボールを受け取り、プレーヤーは犬にボールの匂いを嗅がせメインジャッジにボールを戻す。※主催者の用意したボールとする。
  2. プレーヤーと犬は進行方向と逆向きにスタンバイする。
  3. メインジャッジはプランタージャッジにボールを渡し、プランタージャッジは5つのプランターのいずれか1つに ボールを隠す。
  4. メインジャッジの 「セット」の合図で、プレーヤーと犬は、進行方向に向き準備ができれば、右手上げメインジャッジ に合図する。
  5. メインジャッジの 「レディ・ゴー」の合図でプレーヤーは犬を放しスタートする。コマンド(声符)は自由とする。
  6. 犬は、進行方向にあるハ一ドル 3 台を飛び越え、更に前方にある 5 つのプランターの中から 1 つだけ隠されている ボールを見つけだす。
  7. プランタージャッジは、犬がボールをくわえたことを確認できたら右手を上げプレーヤーに合図する。
  8. 犬は見つけだしたボールをくわえたまま、先ほど飛び越えたハ一ドル 3 台を飛び越え、フィニッシュラインを通過して ゴール。犬の体の一部がフィニッシュラインを通過した時点が記録となる。

チャレンジ (予選)

  • チャレンジ 2 回のうち高タイムのほうが予選の記録となる。
  • プレーヤーはチャレンジ 1 回目と 2 回目は家族の中であれば交代できる。

ファイナル(決勝)

  • 予選記録上位 10 チームが、ファイナル進出。
  • ファイナルの記録が大会の順位となる。(同タイムの場合は両チームともに表彰される)

ペナルティ

  • ボールの入っているプランター以外を倒した場合。1つあたり+2秒
  • ハードルを飛び越えていない場合。1台あたり+2秒
    犬がハードルを越える際に、体の一部が接触、転倒した場合でもハードルを飛越さえしていれば有効とする。
  • ボールをくわえずにフィニッシュラインを通過した場合。+5秒

失格

  • タイム計測後、30 秒以上経過した場合。
  • 競技中にネイチャーブレイク (糞・尿)した場合。
  • スタートの合図からゴールまでの間、プレーヤーが犬に触れた場合及び、スタート&フィニッシュラインをプレーヤーの足が越えた場合。
  • ハードルを 1 台も飛び越えられていない場合。
  • スタート&フィニッシュライン(1m)のマーカーの間を通過できない場合。
  • フライングを 2 回行った場合。
  • リタイヤする場合は、プレーヤーが右手を上げ、メインジャッジに申告する。
  • 犬が競技中に負傷した場合、メインジャッジもしくはプレーヤーの判断で中止とする。

退場(その他)

  • 犬に対する暴カ行為。
  • ジャッジに対する暴カ行為及び暴言。
  • スタッフ、参加者、見学者に対する暴カ行為及び暴言。
  • 生理中や攻撃性のある犬は参加不可。
 

NPO 法人ジャパンドッグライツ                 2016 年 12 月 4 日改正